整骨院紹介

整骨院とくしげについて

【身体のことで不安な心があたたかくなる場所】自費治療専門院です

 

 整骨院とくしげは、身体の痛みや不調の悩みを抱えたまま我慢して仕事や生活をして

「このままで大丈夫だろうか?治らないんじゃないか?」と不安なあなたを、

痛みの原因から根本的に治療していく治療の専門院です。

 

巷にある‘‘大勢のスタッフで誰にでも同じようなマニュアル通りのマッサージして

その場だけの対処法‘‘というような行為や「疲労回復に〇〇分マッサージ」

「美容ダイエット・小顔矯正」などの治療と関係ない事は一切行っていません。

 もし、ご覧になっているあなたが「ちょっと体がきついんで揉んでもらいたい」「治らなくても良いから

ちょっと楽になればよい」などのご要望で整骨院・整体を選んでいるのなら当院はご遠慮ください。

 

腰痛、ギックリ腰、肩こり、頭痛、五十肩、変形性股関節症、変形性膝関節症、半月板損傷、シンスプリント、腱鞘炎など…

痛みや症状は患者様一人一人の生活環境によって異なります。

当院では痛みの原因となる「関節と筋肉の仕組みや修正」を検査して、筋肉・関節の状態を矯正していきます。


数回の治療で改善される場合もありますが、施術後にだるさや重さを感じることもあります。

それは、大きく歪んでいた関節が短期間で矯正され、矯正位から歪んだ状態に戻り、関節を支える組織や神経が

刺激を受けて起こる「好転反応」という状態です。

ここで大切なのは、筋肉と関節の適切な位置や使い方が安定するようになることです。

個人差はありますが、改善するときは身体の状態に応じて必ず症状に波があります。

痛みの増減に一喜一憂せず、1ヶ月単位での身体の変化を基準にするようにしましょう

痛みの再発や悪化を防ぐためにも、当院と一緒に根本から原因を改善していきましょう!

 

【再発予防】
「やっとよくなった!」と思っても油断大敵です!
姿勢不慮やストレスなどで、身体の歪みが再発します。そうならないためにも、まずは栄養バランスのよい食事や、規則正しい生活を送ることが大切です。
また、「おかしいな」と思ったらできるだけ早く来院してください。簡単な運動やストレッチもお教えします!
快適な生活をお送りいただけるよう当院がしっかりとサポートいたします。

【治療費について】

現状の健康保険制度は施術できる部位の数や通院期間、施術方法が制限され

ていて最低限のことしかできず、本当に治すための治療ができません。

そのために当院では健康保険制度の制限のない自費治療で、あなたの症状に

適したオーダーメイドの全身調整【総合整体治療】で根本からの改善を

目的に施術します。

 

問診であなたの身体の症状だけではなく、痛み・不調があることで我慢して

いることや諦めてしまったことなどの精神の悩みや不安を教えてください。

しっかりと聞かせていただきます。

 

身体の状態や痛みの原因は、生活習慣や身体の使い方によって人それぞれです。

検査で症状の原因を詳しく探って治療していくことで、今まで治らないと

不安だった身体の状態や痛みが変化していきます。

 

身体と心があたたかな、真の健康な状態で人生を過ごせるように、

私と一緒に痛みも不安もない新しい未来を創りましょう!

 

治療内容

◎痛みの原因から治療する全身調整の整体治療

・ゆらし療法(yurashi therapy)

・あたまの整体(頭蓋骨調整)

・超音波療法(FIT療法、ハイボルテージ療法)

・EK6000テープ(女子陸上100mオリンピック代表福島千里選手も愛用)

・キネシオテーピング

・リハビリ、運動指導(身体の使い方・歩き方)

 これらの治療法の中からあなたの身体、症状にとってベストな治療法で「トータル治療」を行います。

初回料金(税込)

初診料2,200円+施術料6,500円=8,700円

2回目以降(税込)

一律 6,500円

*学生割引(小・中・高・大学生)

初回料金(税込)

初診料1,100円+施術料3,500円=4,600円

2回目以降(税込)

一律 3,500円

各種クレジットカード・楽天ペイをご利用いただけます

Visa・MasterCard・JCB・AmericanExpress・楽天カード・DinersCiub・Discover

 

*健康保険の適用について*

整骨院・接骨院での健康保険取扱いは法律で定められた「骨折」「脱臼」

「捻挫」「打撲」「挫傷(肉離れ)」の急性の外傷(ケガ)のみです。

当院では法律に遵守して適正な健康保険取り扱いを行っています。

身体の痛みだからといって何にでも保険適応できません。

なお、当院では施術効果を高めて早く回復できるように、患部と関連する

部分への整体施術、超音波療法、キネシオテーピングなど最善の方法を

行うため、健康保険の自己負担に加えて

自費負担(+2,000~3,000円)をいただきます。

 

慢性的な腰痛や座骨神経痛、首肩こり、五十肩、変形性股関節症、

変形性膝関節症、半月板損傷などの症状やスポーツ障害(野球肩肘,

オスグット,シンスプリント)、スポーツコンディショニングに対しては

 健康保険制度の制限のない自費治療で、あなたの身体・症状に適した

オーダーメイドの全身調整「総合整体治療」で症状・痛みの原因からの改善を目的に施術します。

整体治療について

初めての方でも安全にうけられる整体です

当院へのお問い合わせや来院される方の中には、過去の整体院・整骨院での経験で「バキバキッ」と強い矯正や

「グリグリッ」と強い刺激のマッサージを受けてしまい、「痛みを治すために行くのに、治療が強くて痛いから

嫌になって・・・」「今よりひどくなったらどうしよう・・・」という不安をお持ちの方もいらっしゃいます。

せっかく身体を良くするために時間とお金をかけて通院するのに、これでは本末転倒です。

ご安心ください。

当院の整体の手法は「バキバキッ」と強い矯正や「グリグリッ」と強い刺激のマッサージは一切行いません。

人間の身体というものはとても繊細なのです。

疲労や強い刺激に対して身体を守るために、脳から反射的に防御反応の信号が送られて、筋肉に強い緊張を起こします。

その結果、筋肉が骨を引っ張ってしまい背骨や関節が歪んで痛みや動きにくさ、違和感が発生します。

ただでさえ緊張を起こして硬くなっている筋肉に「押す・揉む・叩く」などの、強い刺激を与えることで

身体に負担がかかり、脳からの反射でさらに硬くなってしまいます。

当院では『身体に負担が掛からない柔らかな刺激や動かし方』で治療を行うことで、脳からの防御反応が起きずに

筋肉の緊張が緩んで血行が良くなり、背骨や関節が正しい位置に修正されて回復しやすい身体の状態をつくっていきます。

安心して整体治療を受けられてください。

 

国家資格保有者による施術

私は2003年に柔道整復師の国家資格を取得した外傷・身体の専門家です。

一般的には知られてないかもしれませんが、柔道整復師の国家資格とは、専門機関で3年間学び

国家試験に合格することで厚生労働省から認められる資格です。

柔道整復師は骨折・打撲・捻挫・脱臼・挫傷(肉離れなどの筋肉の損傷)などの、骨格・筋肉の身体の専門家です。

私は開業するまでにも10年間の修行・研修を行いながら、高校野球などのスポーツ現場でメディカルトレーナーも務めて、

多くの経験を積んでいますので安心してご相談ください。

 

来院から整体治療までの流れ

1.患者さまの身体・症状の状態だけではなく、その痛み・不調があることで

我慢していること諦めてしまっていることなどお困りのこと、不安を教えてください。

問診で「なぜその症状が起きているのか?」「痛みの原因はどこにあるのか?」を探っていきます。

 

2.患部の状態、身体全体のバランス・歪みをチェックします。

 

3.患者さまの症状・原因の改善に適した整体手法を組み合わせて、治療計画を説明させていただきます。

痛み、症状がでて早期の場合と、長期間かかって慢性的になってしまっている場合では、整体手法も違います。

炎症や腫れが起きている場合には、超音波療法も組み合わせて行います。

 

4.治療計画の説明で解らないこと、不安なことがないか確認して、患者さまから治療の同意を得て治療スタートです。

 

5.施術を終了後、身体の状態の確認をして今後の治療計画を再度説明し、次回までの注意事項など

解りやすくご理解いただけるようにします。

治療計画に沿って、次回の来院日時を決めさせていただきます。

数回の治療で改善される方もあれば、身体の状態が安定するのに数ヶ月かかる方もいらっしゃいます。

できるだけ早く改善されるように、患者さまにとって最良の計画を提案させていただきます。

 

整体施術後

初回の整体施術後、患者さまの身体にどのような反応、変化が起きているか確認します。

整体施術の効果はお一人お一人の症状・身体の状態によって個人差があります。

悪くなってしまった期間、職場の環境、生活環境、運動歴などによって症状が違うのが当然で、

皆さんにまったく同じ反応が出ることはありません。

なので、当院ではお一人お一人の症状・身体の状態によって整体手法が違います。

施術後にどのような反応、変化が起きるのかを見極めて、痛みが落ち着くまではどのくらいの期間か、

原因が改善されるまではどのくらいの期間かかるのか、どのくらいの間隔で整体施術を受けるのが

早く改善するために最適かなど理解していただけるように丁寧に説明させていただきます。

 

整体治療で改善が期待される症状

肩こり             スポーツコンディショニング        肘周辺の痛み

眼精疲労            座骨神経痛              ヘルニア(首)

ギックリ腰               生理痛(月経痛、月経前症候群)      ヘルニア(腰)

首から肩にかけての痛み       生理不順(月経不順)             浮腫(むくみ)              

首から後頭部にかけての痛み   全身疲労                     分離症

頚椎症                 椎間板ヘルニア              偏頭痛

股関節痛                手や足のしびれ              変形性股関節症

五十肩                  テニス肘                腰痛全般

ゴルフ肘                 寝違い                 腰椎症

すべり症                 ひざの痛み               腰椎分離症(すべり症)

その他の症状にも対応しておりますのでご相談ください。

 

頭蓋骨調整 整体コース

◉整骨院とくしげの頭蓋骨調整について
整骨院とくしげの頭蓋骨調整は東京都世田谷区[SOLECKA]院長 古藤啓格先生の考案された

『ことう式あたまの整体』の理論・技術を学ばせていただき、それに基づいて施術を行います。

[SOLECKA]HP http://k-style.org/

 

◉なぜ頭蓋骨調整を学ぼうと思ったのか?
整骨院業界に入ってから臨床経験の中で多くの患者さまの身体を見させていただき、触れてきました。

まだ駆け出しの頃には身体に触らせてもらえず、ひたすら見て覚えることと先生の補助、雑用、診療後に

夜遅くまで居残り練習の日々でした。どんな業種でも見習い期間というのはありますが、当時の整骨院業界

というのはまぁ〜超がつくほどのブラック業界でした。今の世代では味わえないことだらけの世界です!

詳細は省かせていただきますが、3回ほどぶっ倒れるまで働きました。このまま働き続けたら死ぬんじゃなかろうか?と

思えるほど、良い意味でも悪い意味でも若い頃にしかできない体験でしたね〜

 

話が逸れてしまいましたが、そのような環境の中で様々な治療法を学びました。
直接筋肉にアプローチするマッサージから始まり、骨盤・背骨矯正などの関節矯正、足底の重心を修正する方法や

患部と離れた遠隔の部位からアプローチする方法などなど・・・多すぎて思い出しきれないぐらいです。

開業後からは多くの治療法の中から試行錯誤しながら、自分の軸となる治療法を選択して患者さまの症状・状態に

応じて組み合わせて施術していました。
過去の苦労の甲斐もあり、来院される方の多くは一定の結果が得られるようになり、おかげさまで忙しく

働かせていただきました。

しかし、開業して年月が経ってくると難しい症状の患者さまが増えてきて、全体の2割程度の患者さまには思うような

結果が出ないことに悩む機会が増えてきました。もちろん私自身の技術不足があるのですが、もっと効果がある治療方法が

あるんじゃないか?と模索しました。

 

その中で、現在でも施術の軸となっている松永浩司先生の「ゆらし療法」(筋肉への柔らかな刺激と関節を揺らすように動かし脳への反射を利用した理論)や堀和夫DCの「4DS」(従来の胸はりで力を入れた負担のかかる姿勢から、巻き肩で脱力した負担のかからない姿勢をつくる理論)に出会い、効果的な施術ができるようになりました。
共通しているのが、痛みのある患部だけにとらわれずに全身からアプローチする方法なので、患者さまの身体に負担をかけずに安全で症状の原因に対するアプローチができることでした。

 

この二つの療法を軸に施術していき、今までよりも難しい症状の患者さまに対応できるようになりましたが、

また新たな壁のように手強い症状の患者さまが来院される機会が増えてきました。

特に、症状の原因が特定できない不定愁訴の多い患者さまへの対応に悩んでいました。
そんな時に初めて古藤先生の『ことう式あたまの整体』を知る機会がありました。

これまでにも原因に対するアプローチとして全身を診てきましたが、本格的に頭蓋骨にアプローチしたことは

ありませんでした。
治療業界の中でも頭蓋骨調整のテクニックというのはとても難しく繊細な場所なので「いつか勉強しなきゃなぁ〜」とは

思いながらも正直、避けていました。

 

DVDを観たときには衝撃的な内容でした。
いくつかの流派がありますが、従来の頭蓋骨のテクニックは触れる程度の微弱な力でアプローチするというものが

ほとんどのようですが、古藤先生のテクニックはダイレクトに頭蓋骨にアプローチして、頭蓋骨だけではなく

全身の筋肉・骨格にまで波及させることができ、独自の経験や膨大な臨床での成果から生まれたオリジナルの理論・手技です。

 

実際にこの人に会ってみたい、直接技術を学びたいが東京まで毎月行くのは難しいなと思っていたところに偶然にも

縁が繋がり、当院にて平成29年から古藤先生の『ことう式あたまの整体』セミナーの福岡でのセミナー会場になりました。
セミナーで学んでいくことで、対応が難しく症状の変化がわかりにくかった不定愁訴の多い患者さまにも効果が

得られるようになり喜んでいただき、私自身も施術の幅が一気に広がりました。

 

一つの症状ではなく、複数の症状を抱えて
「病院で検査して異常ないし、どこに行ったら良いの?」
「身体に良いって言われて、漢方やサプリメントを飲んでいるけど・・・」
「整骨院や整体、マッサージに色々行ったけどその時しか良くない・・・」
「長いこと悪いところが多いから、我慢して付き合うしかない・・・」

お困りの方の助けになればと、頭蓋骨から全身へのアプローチに特化した頭蓋骨調整コースを設けることにしました。

 

◉頭蓋骨の仕組みとは?
頭蓋骨は丸い一枚の骨だけでできているのでではなく、23個の大小の骨が連結して構成されています。

成長過程で徐々に連結部分の縫合が埋まってきます。
しかし、皆さんがイメージするような硬い一枚の集合体ではなく、呼吸のリズムに合わせて23個の骨が

ほんの少しですが動いています。
生命を維持するために必要な呼吸や脳に栄養を供給する脳脊髄液を循環させるための役割があります。

その他にも重要な働きをしてくれていますが、人間の身体の中で最も大事な脳を包み込んで守っているのが頭蓋骨です。
皆さんご存知の通り、脳は身体全体をコントロールしてくれる司令塔です。
簡単に脳の仕組みを説明します。

脳は大きく分けると【大脳】【小脳】【脳幹】の三カ所があります。
【大脳】
考える、感じる、言葉を話す、記憶するなど特に大きな役割を担っている。

知的な働きや喜怒哀楽の感情のコントロールをしています。
【小脳】
歩く・走るなどの運動をコントロールする働き。皮膚や筋肉から情報を検知して身体の運動やバランス感覚を調整しています。
【脳幹】
呼吸や心臓・内臓の動きなど生命を維持するための働きをコントロールしています。

 

このように身体全体をコントロールしてくれている脳を包み込んで守っているのが頭蓋骨です。
その他にも神経のつながりで全身の筋肉・関節と連動しているので、頭蓋骨から全身を調整できるのです。
そこに直接アプローチしていくことで全身に波及して筋肉・骨格、重心位置、呼吸や内臓の働きまで変化が起きるので、

原因が特定できない不定愁訴の症状にもとても効果的なのです。


しかし、現代人の頭蓋骨は可動性が低下して硬くなっています。

◉硬くなる、歪んでしまう原因は?
1.こころ(感情・精神的不安)ネガティブな感情、心理的ストレスが溜まってイライラしてストレス性の不定愁訴が起きる  ポジティブな方が硬くなっていても取れやすい
2.生活習慣  偏った食事や睡眠不足などの不規則な生活
3.姿勢が悪くなっている デスクワークで1日中パソコン作業、料理人、美容師さんなど下を向いて作業することが多い人は、頭蓋骨が締まって傾いています。首にも負担がかかっている。
4.気圧の変化 高気圧・低気圧に関わらず気圧の変化が激しい時には身体内部の圧力が増して、頭蓋骨だけに限らず身体の関節が締まりやすくなる
5.金属(アクセサリー) イヤリング・ピアス・指輪・時計などのシルバー素材のアクセサリーは身体を緊張させてしまい、頭蓋骨が締まりやすい
6.歯・目・耳・鼻 歯の矯正や抜歯して欠損している、視力の低下によりメガネやコンタクトレンズで矯正している、中耳炎や慢性鼻炎、副鼻腔炎、花粉症など
7.呼吸 普段意識することなく行われている呼吸ですが、自律神経の働きによりコントロールされています。その自律神経が上記のような原因で乱れてくると呼吸が浅くなり、身体の循環が低下してしまい頭蓋骨まで硬くなってしまいます。 

上記のように脳が感じるストレスだけではなく、筋肉・骨格に対するダメージからも頭蓋骨が硬くなる、歪んでしまう原因になります。
特に1日中パソコン作業に没頭している方やスマートフォンを見すぎている方の頭蓋骨の硬さ・歪みは要注意です!

 

 

◉頭蓋骨調整コース【あたまの整体】 適応症状
頭蓋骨矯正はどんな症状に効果的なの?私には合っているのかな?などの疑問をお持ちの方から質問、相談をいただきます。

・頭部〜首
肩こり・頭痛・めまい・パソコン作業の眼精疲労(疲れ目)・むち打ち症・アゴの痛み(顎関節症)・頚椎ヘルニアなど

・肩〜手

 五十肩・肩の痛み(肩が上がりにくい、後ろに回せないなど)・肘の痛み(曲げ伸ばし、物を持つと痛むなど)・外側上顆炎・肘部管症候群・腱鞘炎(手首)・指の痛み、しびれ、力が入らない・バネ指・手根管症候群・

 ・背中〜腰

 

 

院長 徳重 義雄

私の出身は山口県下関市です。
下関と言えば海をイメージすると思いますが、私の生まれ育った町は山奥にある自然豊かな田舎町でした。

両親が共働きだったので、一緒に住んでいた祖父母には本当に可愛がってもらいました。祖父は自宅で木工の仕事をしていたので、ノコギリや金槌の使い方などを教えてくれました。


私が6歳のときのことです。
幼稚園の帰り道に一人で歩いていて、脇見運転の車に轢かれたのです。

「え…!? どうなったの?」

一体何が起きたか分からず、とても不安でした。
すると、徐々に右足に強い痛みを感じました。


救急車で搬送され病院へ。
大腿骨顆上骨折という手術が必要な重傷でした。

手術までの間も、折れてしまった骨を元に戻すために身動きも出来ず、痛みと不安の日が続きました。

幸い、手術はうまくいきましたが、ガッチリとギブス固定されてベッドに寝たきりとなりました。

そこから、半年間の長く寂しい入院生活を過ごしました。

 

春になっても一人では歩けず、小学校の入学式にも母に抱えられて行ったことを今でも覚えています。
結局、1学期は入院が続き通学できず、2学期からやっと通えるようになりました。

 

周りよりも出遅れて、一人だけ取り残されて、学校は楽しくありませんでした。
学校に行くのが嫌で、朝からお腹が痛くなる日もありました。

 

そんな時に、祖父が学校まで迎えに来て、大きな手をつないでくれると、とても暖かくて、寂しさや不安が消えて、とても安心できました。

 

私にとって祖父は、いつも一緒にいてくれて、暖かな無償の愛情で守ってくれる存在でした。
今、思い出しても胸の奥がジワ~と暖かくなってきます。

 

そうしているうちに、学校にも慣れてきました。
足もすっかり回復して、体育の授業にも参加できるようになり、友達と走り回って遊べるようになりました。

 

すると、体を動かすことが楽しくなり、祖父の影響で小学校3年生から野球を始めることにしました。
チームでの練習はもちろん、家でも祖父がバッティング練習用の道具を作ってくれて、毎日付き合ってくれました。

そのおかげで、5年生の時には6年生のチームでレギュラーになり、地域の大会で優勝して県大会に出場したのです。

祖父も私の活躍を心から喜んでくれていました。

 

そんな大好きだった祖父が中学1年生の時に亡くなりました。

 

自分の一番辛い時に守ってくれていた大きな存在が、いなくなってしまったのです。
悲しくて、悲しすぎて、祖父の死をしばらく受け入れることができませんでした。


そんな想いを胸に中学、高校と野球に本気で取り組みました。

高校では、野球部の寮生活での厳しい上下関係や、1年生の時に肘の手術、足の怪我で2度の入院生活など

辛い思いをしながらも、2年生の時には甲子園に出場することができました。

 

そして、私は小さな頃の自分と同じように、身体の怪我や痛みで心に不安を抱えている人に祖父が私にしてくれたように、

一緒に寄り添い守れるあたたかな存在になりたいと想い、柔道整復師を目指しました。


勉強、修行していくと幼少期の交通事故での骨折はもちろんですが、小学生から痛みを我慢して投げていた右肘を

手術した時にもっと最善な治療方法やリハビリ・トレーニングがあったはず、という想いが強くなりました。

 

当時は、インターネットで自分の症状を調べられるような環境もなく、整形外科医の診断に疑問もありませんでした。

しかし、もし違う選択肢があったなら
「野球辞めないといけないの、もう投げられないんだ」という絶望と不安な毎日を過ごさずに、もっと野球を続けられていたかもしれません。

 

私は、当時の自分のように身体の怪我や痛み、不調で満足に生活や競技ができずに「これからどうなるんだろう?」

「元に戻れるの?」「大好きなことなのに諦めないといけないの?」という不安を抱えている方に、新たな選択肢を提示できる存在になりたいのです。

 

スポーツでの怪我だけではなく、デスクワークや車の運転など長時間の座り姿勢、家事や育児での負担や

人間関係による精神的ストレスなどが原因で目に見えない様々な症状があるのに、病院で検査しても異常なしと言われ、

原因がわからずに不安を抱えている方が多くいます。

 

実際に来院されていた患者さまは、今まで普通にできていた仕事や日常生活が思い通りにできなくなり、職場や家庭で

「なんでできないんだろう?」「私のせいで周りに迷惑かけてしまう…」など、家族や職場の仲間のために一生懸命な方ほど

自分を責めて不安になってしまいます。

 

そのような患者さまの症状や不安に対応できるように施術歴19年で身体の治療技術だけでなく、心も守れるように学び続け、柔道整復師としての能力・人間性を高めることを追求してきました


身体の痛み、症状を根本的原因から治療することで、できなかった事や諦めていた事ができると自信が持てて、

不安な心もあたたかくなります。

 

身体と心があたたかな、真の健康な状態で人生を過ごせるように、私と一緒に痛みも不安もない新しい未来を創りましょう。

【身体のことで不安な心があたたかくなる治療院】

整骨院とくしげ 院長 徳重義雄

 


【院長経歴】

下関市立下関商業高校 (硬式野球部) 卒業 

福岡リゾートアンドスポーツ専門学校 卒業

福岡柔道整復専門学校 卒業 柔道整復師免許 取得

堺整骨院・堺整形外科福岡スポーツクリニックにて

10年間の研修・勤務

2008年5月 福岡市南区清水 整骨院徳重 開院
2017年6月 福岡市中央区薬院 整骨院とくしげ 完全予約制・自費治療専門院として移転開院

〈メディカルトレーナー経歴〉

福岡市立福翔高校女子バレー部

福岡第一高校 硬式野球部(現 読売ジャイアンツ陽岱鋼選手の治療・コンディショニングなど) 
高校サッカー 全国高校選手権 日本高校選抜代表チーム サポートトレーナー
九州産業大学付属九州高校サッカー部

 

基本情報

整骨院名 整骨院とくしげ(せいこついん とくしげ)
住所 〒810-0022 福岡市中央区薬院4丁目6‐22 トーカンマンション浄水通り202
予約専用電話番号 092-525-2339
最寄駅 地下鉄七隈線 薬院大通り駅 徒歩3分
西鉄大牟田線 薬院駅 徒歩10分 
西鉄バス   薬院大通 徒歩5分
       薬院交番前 徒歩1分

アクセス

営業時間

 
10:00~20:00 × ×

10:00~17:00

定休日:木曜・祝日

駐車場案内

院内紹介