2018.06.01更新

6月1日 金曜日 こんばんはhand

いつもブログを観ていただき、ありがとうございます!

福岡市中央区薬院浄水通りにある

【身体のことで不安な心があたたかくなる治療院】

整骨院とくしげ 院長徳重です!

 

今日から6月に入り、今年も半分が過ぎようとしていますね〜

今週から暑い日が増えてきて、夏が近づいてきましたexplosion

 

今週末は福岡市内の小学校で運動会が開催されます

連日暑い中練習を頑張ってきた子供たちには、元気よく楽しんでほしいですね!

運動会

 

運動会といえば怪我がつきものですね〜

私も小学生の頃はよく怪我をしていました。

徒競走でカーブで滑ってこけて膝をがっちりと擦りむいたり、騎馬戦で激しく接触して足首を捻挫したりしてました。

よく母親に心配されてました!

 

そこで今回は、お子さんが怪我をした時に親御さんが安心して対応できるように

運動会やスポーツ現場での怪我の応急処置方法【RICE処置】です。

 

このブログを読むことで、運動会やスポーツ現場でお子さんが怪我をしたときに

適切な応急処置ができて「どうしたら良いやろうかぁ〜」と不安にならず、落ち着いて対応ができます。

お子さんにも感謝されて、親御さんの鼻が高くなりますよ〜

 

◎応急処置の必要性


私はメディカルトレーナーとして高校野球、サッカー、バレーボール、

福岡市内の中体連の救護などスポーツ現場に10年以上携わっていました。

多くの怪我を診てきてその経験から言えることは、受傷後の適切な応急処置をして

状態を悪化させないでおくことが回復期間に影響します。

 

適切な応急処置をしないでおくと症状が悪化してしまった、回復までの期間が長くかかってしまったりと

後で「あの時やってあげとけば良かった〜」となってしまう可能性があります。

 

「じゃあ何をすれば良いの?」とネットで調べる方が多いのではないでしょうか。


先日、中学生のお子さんがサッカーの練習中に肉離れして来院されましたが、お母さんが言われていたのが

「どうにかしてあげたくてネットで調べれるから便利なんですけど、

いっぱいありすぎて何が良いか、どうしたら良いかわからないんです」

とお困りでした。


確かに温める?冷やす?動かしちゃ駄目?動いて良い?など解らないですよね。

 

そこでスポーツ現場での応急処置としてスタンダードな方法【RICE処置】をお伝えします。

 

くれぐれも勘違いしないでいただきたいのが、治す方法ではないことです!
怪我への応急処置として状態が悪化しないために行い、病院や整骨院を受診されてください。

 

◎RICE処置の方法

・Rest(安静)
怪我の受傷後から負傷した部位の修復をしようとします。
そこで患部を安静にせずに無理に運動を継続することで修復を送らせてしまいます。
そのために状態が悪化したり、回復期間が長くなってしまう事があります。

人

・Ice(アイシング、冷やす)
患部の腫れや炎症、疼痛を冷やすことで抑制させます。
ポイントは必ず、氷で行うことです。

氷のう
写真のようなアイスバッグ(氷のう)があると一番良いです。
よく「冷凍庫に入っている保冷剤でやっています」という声を聞きますが、絶対にやめましょう!


保冷剤は表面だけ冷えすぎてしまい、深部にまで到達できません。
さらに低温やけどのリスクが高いです。


氷で行うことで、表面からゆっくりと冷えてくれて深部まで届き、熱をとって炎症を抑えてくれます。


効果的な方法

①15分〜20分を目安にアイシング


②倍の時間の30〜40分間隔を空けること、これを1セットとして2〜3セット行います。

 

・Compression(圧迫)
患部の腫れや炎症を抑えるために、伸縮性の包帯やテーピングなどで適度に圧迫します。

強く圧迫してしまうと血流が低下してしまうので、気をつけましょう。


・Elevation(挙上)
患部を心臓よりも高い位置に上げておくことで重力の作用で腫れや炎症が抑えられます。

 

*******************

◎まとめ
私はメディカルトレーナーとして高校野球、サッカー、バレーボール、

福岡市内の中体連の救護などスポーツ現場に10年以上携わっていました。

多くの怪我を診てきてその経験から言えることは、受傷後の適切な応急処置を

することで状態を悪化させないでおくことが回復期間に影響します。

適切な応急処置をしないでおくと症状が悪化してしまった、回復までの期間が長くかかってしまったりと
後で「あの時やってあげとけば良かった~」となってしまう可能性があります。

 

今回のブログを読んでいただいて、運動会やスポーツ現場で

お子さんが怪我をしたときに適切な応急処置ができて

「どうしたら良いやろうかぁ~」と不安にならずに落ち着いて対応ができます。

お子さんにも感謝されて、親御さんの鼻が高くなれますよ~

 

もし、お子さんが怪我をされたときにはRICE処置を行いましょう。

〜おまけの予備知識〜

こちらのブログも参考にされてください。

小中学生のお子さんが運動会の練習で、怪我の対処・予防、

疲労回復のために 自宅でできる【効果的で簡単な3つの良い方法】

http://www.seikotsuin-tokushige.com/blog/2018/05/-3-601254.html

 

氷を多めに準備しておいて、熱中症の予防にもアイシングしてあげてください。

気温が上がり陽射しも強くなってきているので、熱中症に気をつけないといけません。

「頭が痛い」「気分が悪い」「身体に熱がこもって暑い」など、

熱中症の症状を訴えているときにはアイシングしましょう。

この際は、後頭部、脇の下、鼠径部(足の付け根)を冷やしてあげましょう。

身体にこもった熱を取ってあげるのが目的なので、一カ所を5〜10分程度で場所を変えながらやります。

*もしアイシングをしても状態が改善されない場合は病院へ行きましょう。

 

 

*施術料金*(税込)

初回 初診料 2,200 施術料 6,500 

2回目以降 施術料 6,500

*学生割引(小・中・高・大学生)*(税込)

初回 初診料 2,200 施術料 4,500

2回目以降 施術料 4,500 

 

*保険診療での治療は対応しておりません。

早期改善のために効果の高い超音波治療、整体治療を

組み合わせた自費治療を行っています。

*******************

〜 整骨院とくしげ 〜

【福岡市整骨院・整体・腰痛・肩こり・頭蓋骨矯正・投球障害・野球肩・野球肘】

『身体のことで不安な心があたたかくなる場所』

臨床歴20年、のべ10万人の施術実績のある院長が誠意を持って診させていただきます。

福岡市中央区薬院浄水通りの完全予約制・自費治療専門院

【予約専用電話番号:092-525-2339】

当日予約はお電話での受け付けになります、

今すぐお電話ください。

つながらない時はおかけ直しください。

・いつでも・どこでも・たったの1分間、

便利なインターネット予約をご利用ください。

クービック予約システムから予約する

【施術料金】

当院は自費治療専門院です。

保険診療の適応できない慢性の腰痛や肩こり・

頭痛・変形性股関節・膝関節症などに対して

重心位置や骨格の角度など、原因となる身体全体からの

調整をする当院オリジナルの『あなた』の痛み・悩みに

必要なオーダーメイドの総合整体施術を行います。

*施術料金*(税込)

初回 初診料 2,200 施術料 6,500 

2回目以降 施術料 6,500

*学生割引(小・中・高・大学生)*(税込)

初回 初診料 2,200 施術料 4,500

2回目以降 施術料 4,500 

最後に来院された日から、2か月以上空いている方は

からだの状態の確認のために、再診料をいただきます 

再診料 1,100

各種クレジットカード・楽天ペイ対応してます。

 

からだの痛み・悩みは、国家資格を持つ身体の専門家に相談下さい。

投稿者: 整骨院とくしげ

SEARCH